ものづくりの仕事に携わる

製造工の仕事内容と稼ぎはどれくらい?

主な製造工の仕事内容

製造工は、ずっと同じ仕事を繰り返すことが多いです。 ですから飽きずに、黙々と作業ができる人に向いています。 同じ仕事を、同じクオリティーで済ませなければいけません。 途中で飽きると仕事のクオリティーが下がったり、効率が悪くなったりします。 集中力を持って、作業に取り組みましょう。

機械の扱い方を勉強しよう

作業をスムーズに進めるために、便利な機械を導入している工場が増えています。 最初に機械の使い方も教えられるので、覚えてください。 1回教えられただけでは、理解できないかもしれません。 その際は質問してください。 完全に理解できるまで、質問することが大切です。

BOOK MARK

細胞の分離を解説

細胞の分離について、詳しく解説します。専門用語がわからない方でもわかりやすく説明します。

たくさん稼ぎたい人に向いている

製造工は、時給が1000円以上のところが多いです。
ですから、たくさん稼ぎたいという目標を持っている人でも満足できるでしょう。
もっと高いところだと、1500円ほどの時給になります。
なぜそんなに時給が高いのかというと、たくさんの人数を必要としている職場だからです。
1つの製品を作るまでに、様々な工程があります。
工程ごとに人数が必要なので、人員を集めるために時給を高く設定しています。

同じ仕事を、ずっと繰り返すことが多いです。
自分に与えられた仕事を、黙々と済ませられる人が製造工に向いています。
すぐに飽きる人は、作業効率が低下するのでおすすめできません。
時給が高いという部分は魅力ですが、自分に仕事ができるのか考えましょう。
製品を作る作業は、全て繋がっています。
ですから自分の仕事が滞ると、他の人の仕事もうまく進まなくなると理解してください。
スピーディーに仕事を進めることを、意識して働きましょう。

機械を使って、製品を作る工場も見られます。
その場合は、機械の扱い方をまずは覚えなければいけません。
最初は、扱い方がわからないと思います。
ですが研修期間があるので、その期間内にわからないことを聞いて学んでください。
扱いが難しい機械や、危険な機械もあります。
間違った使い方をすると、製品をうまく作れなかったり大きな事故に繋がったりします。
製造工で働く際は、わからないことを人に聞くことが重要です。
何でも、気になったことを聞きましょう。

どんな仕事なのか把握しよう

給料が高い仕事を探している人は、製造工がおすすめです。 1000円以上の時給を設定しているところが多いので、モチベーションを高めて仕事に取り組めるといいと思います。 仕事を探す際は、時給も見逃せないポイントです。 満足できる時給の仕事先を見つけてください。